FC2ブログ

今週の映画「黒人差別により司法が歪められた決して遠くない過去の実話~黒い司法」

  • 2020/03/23(月) 17:16:05




just-mercy.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

こんなに黒人の死刑囚がいることを知り、
明日は我が身と感じた黒人弁護士の息子に対し、
母はその真っ直ぐな性格が白人を怒らせると警告する。
しかし弁護士は弱者のために戦えと
教えてくれただろうと伝える。
黒人の死刑囚マクミリアンに対して、
彼は無罪で、必ず濡れ衣を晴らすと伝えるが、
マクミリアンは、お前は何もわかってない、
黒人は生まれながら有罪なんだと言い、
看守を呼び、弁護士の待ってくださいの言葉を無視し、
面談を終わらせてしまう。
無罪の死刑囚のために一緒に
立ち上がりたいと言う女性と活動を共にし、
他の弁護士は電話もくれないと言う、
遠くに住むマクミリアンの家族に戦うことを
伝えてくれた弁護士に心を開いたマクミリアン。
しかし、深入りすると不幸を招くと言う者や
奴らは正当化のために手段を選ばないと言う者もいて、
活動を共にする女性は、この悲惨な状況を知った時、
川で溺れている人々を眺めているだけの様だったと告白、
逆にマクミリアンから辛くないかと聞かれる弁護士だったが、
辛くない、すべての命は平等で、無駄死にさせないと言う。
裁判中にマクミリアンの息子が父さんは無罪だと言うが、
警官に取り押さえられる中、弁護士は諦めるものかと言う。
別の黒人死刑囚に、
俺らの希望はあんただけだと言われた彼は、
誰もがみんな世界を変える力を持っている、
人種は違っても命に色の差はないと言い、
マクミリアンは、この命を誰にも奪わせはしないと伝える。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
黒人差別によって司法が歪められた、
決して遠い過去ではない実話の映画化(・_・;)




1980年代の米国アラバマ州で、
冤罪により死刑囚となった黒人のため、
無罪を勝ち取るべく立ち上がった
弁護士の戦いの実話の映画化🎥


←1月に公開された🎥、
『🎥リチャード・ジュエル』もそうでしたが、
日本よりは人権保護が進んでいる印象の米国で、
ほんの20~40年前にここまでいい加減な
捜査と裁判が行われていたことに驚き(゚Д゚;)

更にこの映画では🎥、
たとえ弁護士に対しても行われる😠、
黒人差別による😠、
もはや民主主義国家の司法とは
言えない違法行為乱発😠


米国での黒人差別は今も続いているような印象(・_・;)。


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「連続殺人犯の実話は醜くマヌケ牧歌的~屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」

  • 2020/03/05(木) 16:41:24




the-golden-glove.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

1970年代ドイツ。実在した連続殺人鬼フリッツ・ホンカ。
女を引っ掛けるなら一番と言われる店で、
女に飲物をおごるが、不細工な容姿から何人にも断られる。
ようやく家に連れ込むことが出来た女は年増で不細工で、
そんな女に家が臭うと言われる。
実話は切り刻んだ死体が隠されていて…



<🎥ジョルジュの味見舌感>

ココチェック↓
連続殺人犯の醜男の実話は、殺人シーンは残虐だが、
女も含め醜くどこかマヌケで牧歌的(^_^;)




1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼の実話(゚Д゚;)。
殺人鬼がブ男なら連れ込む女も年増でデブで不細工…。
エロエロシーンも含め醜く汚いm(__)m。

冒頭から始まる(゚Д゚;)、
死体を運び出したり切り刻もうとするシーン(゚Д゚;)

残虐そのもの(゚Д゚;)なのですが、
結構失敗も多くそのどれもがどこかマヌケ(^_^;)で、更に
途中更生しようとしたりして(^_^;)、
そこから生まれるどこかほのぼのした空気(^_^;)。

最後もマヌケな感じでジ・エンド(^_^;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「ヒトラーへの忠誠を拒んだ男性の実話を独特カットで表現~名もなき生涯」

  • 2020/02/28(金) 01:27:45




a-hidden-life.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただきます。

<📖ストーリー>

初めて会った日を覚えていると言う妻。
オートバイでやってきたフランツ。お気に入りのドレス。
結婚、子宝に恵まれる等、それからの素晴らしい人生が、
フランツが彼女を見た時にわかったと言う。
しかしヒトラー率いるナチスが彼らの国にやってきて、
無実の人達を殺し、他国を攻撃し弱者を食い物にしていた。
指導者が悪魔なら国民はどうしたらと問うフランツに、
聖職者は祖国への義務を果たしなさい、
それが教会の教えだと言う。
自分の民族や国を否定するのか、売国奴と罵られても
フランツはヒトラーに忠誠など誓えない、
無理だと言い、拘束されてしまう。
お前の抵抗で何かが変わるとでもと言われても、
妻と引き離されても、
神から自由意志を授かったなら
自分の行動に責任をもたなくてはいけない、
信念に反することはできない、
悪魔に立ち向かなくてはと言うフランツ。
彼が何をしようといつでも彼と一緒だと伝える妻。
ナチスに立ち向かった男の実話。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
ヒトラーへの忠誠を拒んだ男性の実話を
寄りや顔を除く等、独特のカットで表現(^_^;)



📖実話とはいえ、
結末がわかっている話m(__)m

やたらと人物に寄ったり(^_^;)、
なぜか顔を除いたカット割り(^_^;)
等、
観念的にも思える映像で上映時間は約3時間(^_^;)。

妻や子供たちに負担を掛けても(-_-;)、
言葉だけのヒトラーへの忠誠の拒否(・_・;)

戦時中に非戦(・_・;)とか
私には真似出来ませんm(__)m

なお
舞台はオーストリアなのに(^_^;)、
主要人物は英語(^_^;)、
その他大勢は字幕なしのドイツ語(^_^;)
。(一部イタリア語)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「1917~ワンカットの切れ目ない映像といつ敵が現れるか分からない緊張」

  • 2020/02/20(木) 19:38:41




1917.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

明朝の攻撃の中止の伝令を託された2人の兵士。
1,600人の仲間、そして兵士の兄の命がかかっている。
仲間を救うため、2人は命の限り急ぐのだが、
敵地を抜けるなんて無謀とも思えた。
しかし間に合わなければ終わり…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
ワンカットに見える切れ目ない映像と
いつ敵が現れるか分からない戦争で増幅する緊張感(・_・;)




🎥映画を観る前から💨
🎥ワンカットに見える映像ということが頭にあるせいか
✂カット可能シーン探しも含めm(__)m、
(暗闇や視界をふさぐ障害物等、
カット可能なシーンはいくつかありm(__)m)
👀目が離せないのに加え(^_^;)、
いつ敵の兵が現れるか分からない(・_・;)
戦争というシチュエーション(・_・;)
による
増幅するダブルな緊張感(・_・;)。

📖ストーリーはシンプルm(__)m
なので、
🏆オスカー受賞の『パラサイト』にはやはり負けているかも…


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「騙し合いの末、明らかになるシリアスロングヒストリー(-_-;)グッドライアー」

  • 2020/02/16(日) 21:02:34




the-good-liar.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただきます。

<📖ストーリー>

出会い系サイトで知り合った年配の男女。
孫からは親しくなるのが早すぎる、
あの男は危険だと言われるが、
女性は男性といる時だけは孤独を忘れられると言う。
しかし男性は彼女の300万ポンド近い資産に興味があり、
知り合いには駆け引きに興奮してるだけだ
と言われても、悪いかと言い返す。
更に女性の孫には何か隠しているだろう
と言われても、人の何倍もとごまかす。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
過激なご年配の騙し合いの末に
明らかになるのはシリアスなロングヒストリー(-_-;)




人生の酸いも甘いも知り尽くしたご年配同士のm(__)m
軽妙な騙し合いかと思っていましたが(^_^)、
ご年配が過激化し(・・;)、
ネタバレ後に待っていたのは(^_^;)、
あまりにシリアスなロングヒストリー(-_-;)


そういえば
微かな伏線はありました(^_^;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村