今週の映画「オスマントルコによるとされるアルメニア人の大虐殺(゚Д゚;)THE PROMISE」

  • 2018/02/08(木) 22:45:27




the-promise.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

1914年のオスマン・トルコ。アルメニア人の青年は、
米国記者クリスと彼の連れでアルメニア系のアナに出逢い、
周りにも言われ、青年はアナの親密さを感じ始めていた。
そんな最中、オスマン・トルコが第一次世界大戦に参戦。
アルメニア人は国のガンと言われ、危険を感じた2人は、
クリスに出国を促されるが、青年は捕まってしまう。

一方、クリスは戦争状態のトルコを取材しようとするが、
兵は戦争を否定、アルメニア人を移住させただけと主張。
しかし、トルコが移住の名目で大量虐殺をしていることは、
クリスは女性や子供たちも殺されているのを目撃していて、
これを記事にしないとアルメニア人は滅びると考えていた。
その頃、青年は難民と国境を越えようとしていたが、
オスマン・トルコの砲撃が続き…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
トルコ政府が未だ認めないオスマントルコに
よるとされるアルメニア人の大虐殺(゚Д゚;)



アルメニア青年と米国人記者とアルメニア系女性を軸に、
150万人のアルメニア人の虐殺とされる現場を描いた作品

ちなみに
舞台はオスマン・トルコですがセリフは基本英語です(^_^;)

日本軍の強制連行による朝鮮人慰安婦や
南京大虐殺等、
今まで事実として語られてきた歴史に
根拠がないことが露見する昨今😠、
未だトルコ政府が計画性や組織性を認めていない以上、
一方的に内容を丸飲みすることは出来ません
。しかし
主人公の3人は実在の人物ではないものの(^_^;)、
🎥映画に登場する(^_^)、
オスマン・トルコの米国大使は実在の人物(^_^)
で、
彼のシーンが彼の自叙伝に基づいている(・_・;)点や、
約4000人のアルメニア人を救出した(^_^)、
ジャン・レノが演じたフランス海軍の提督も実在の人物(^_^)

ということで、
事実を知る実在の人物が分かっている(^_^)というのは、
その根拠には裏付けがある(^_^)
と考えられるのではないでしょうか?

第一次世界大戦にオスマン・トルコが参戦した頃から、
アルメニア人への迫害が激しくなった経緯に?
でしたが、
キリスト教徒が多くなったアルメニア人と
元から住民や移民のイスラム教徒との軋轢(・_・;)、更に
19世紀のロシアのアルメニア人居住地帯の占領から(・_・;)、
オスマン・トルコ内のアルメニア人へのロシアの支援、更に
アルメニアの独立を目指す抵抗運動(゚Д゚;)、
アルメニア革命組織のオスマン銀行占拠や皇帝暗殺計画、
アルメニア系オスマン・トルコ民のロシア軍への参加(・_・;)、
イスラム教徒住民ニヨルアルメニア人教徒3万人虐殺(゚Д゚;)、
アルメニア人ゲリラによるイスラム教徒殺害等々(゚Д゚;)、
積み重なった根深い背景があった(゚Д゚;)というのは、
💻ネットで調べて分かりました(^_^;)。

こんな大変な状況の中で(・_・;)、
複雑な恋愛関係が描かれているのも違和感m(__)m


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「カン高い声で延々しゃべりまくるイカレ男(^_^;)オレの獲物はビンラディン」

  • 2018/02/03(土) 15:17:46




amy-of-one_201802031510188cf.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

米軍がビンラディンを見つけられないのに
痺れを切らした国を愛する便利屋ゲイリーは、
神の啓示を受け、単身パキスタンに乗り込み、
ビンラディンを捕まえようとするが、
CIAが彼の目的を知り…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
カン高い声でノンストップにしゃべりまくるイカれた男を
ニコラス・ケイジが超ハイテンションで演じる(^_^)

米軍がビンラディンを見つけられないのに痺れを切らし、
たった一人でビンラディンを捕らえようとした男の実話


とにかく
ニコラス・ケイジが超ハイテンション(^_^)。
こんな声だったっけ?というくらいカン高い声(^_^)
で、
放送禁止用語を織り混ぜながら(^_^;)、
ノンストップでしゃべりまくり(^_^;)。

どこまで実話かはともかくとしてm(__)m、
神の啓示ケイジとかいうイカレポンチの超自由ライフ(^_^;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「仏語と対訳のニュアンスと世代のズレ~はじまりの*ボーイミーツガール」

  • 2018/01/11(木) 15:00:55




heart-strings_20180111145304ffa.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

落ちこぼれのヴィクトールが
恋しているのはクラスの優等生マリー。
ある日彼女の方から友達になりたいから
勉強を手伝うと言ってきた。
悪友からも冷やかされるヴィクトールだったが
どこか女性を信じていない。
マリーにはチェリストになる夢があるが、
目の病気でもうすぐ見えなくなるという。
嘘をつかれていたことに
一度は腹を立てるヴィクトールだったが、
マリーの目の病気が知られないようにかばい、
理解のない彼女の父を説得しようとする。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
仏語のニュアンスと対訳にズレを感じm(__)m、
子供の恋人ごっこに世代のズレを感じるm(__)m




子供時代の淡い恋とか
云十年も前のことで覚えていませんm(__)m。
まして女の子の気持ちなんて…
今でも分かりませんがm(__)m。

更に
対訳が間違っているわけではありませんがm(__)m、
軽い返答やことわざ等、
フランス語を日本語にすると少しニュアンスが違う場面も…

少年なりに少女の夢を叶えようとする行動に
グッと来るシーンもあります😢
が、
早く治療した方がいいのでは?と思うシーンも(^_^;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「根拠なきスキャンダラスな主張は簡単に論破され終~了~!否定と肯定」

  • 2018/01/10(水) 21:58:11




le-film201816-7-1.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

ユダヤ人歴史学者・デボラ・E・リップシュタットは、
ホロコースト否定論者・デイヴィッド・アーヴィングに
イギリスの法廷に名誉毀損で訴えられる。歴史上の事実を
裁判で争うなんて馬鹿げていると考えるデボラだったが、
名誉毀損をくつがえすには強力な根拠が必要で…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
根拠なきスキャンダラスな主張は簡単に論破され、
大どんでん返しもなしよ(^_^;)



ホロコーストの存在自体を問おった裁判の実話。

常識とされてきたことでも検証されるべき
と考えます。実際
日本ではメディアによって植え付けられた😠、
日本軍管理の元の韓国人従軍慰安婦や😠
中国ではその被害者数が増えていっている😠、
南京大虐殺😠等は、
裏付けがないことがその後はっきりして😠、
史上最も恐ろしい戦争犯罪であっても免れるべきではない
と考えます。

しかしそこには当然ながら
根拠がないと話にならない(^_^;)のですが、
原告のホロコースト否定論者、脇甘スギちゃん😠。
被告側の弁護士に齟齬を次々に論破され(^_^;)、
わずかな不安はよぎるものの(^_^;)、
被告側の完全勝利(^_^;)


そもそも映画化する必要あった?m(__)m


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「妄想世界の痛い女の突然ミュージカルは意外と暗い~勝手にふるえてろ」

  • 2017/12/27(水) 19:21:41




tremble-comme-tu-veux_201712271914012f3.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

えとうよしか10月生まれB型 雪国育ち ひとりっ子
彼氏なし(24年間)絶滅した動物が好き。
そして中学の同級生「イチ」を脳内で片思い中。
中学の時は、視野の端で彼のことをずっと見ていた。
10年思い続ける中、会社の同期「ニ」に人生初告られたが、
好きとは言われておらず、脳内の彼か現実の彼かで迷い…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
妄想と現実の境のない痛い女の
突然ミュージカルは意外と暗い、暗い、暗~い(^_^;)



松岡茉優って最初観たドラマでは個性的な役
でしたが、
その後CMなどで媚びた女ばかりの印象m(__)m。今作は
バカミュージカル的要素に惹かれての鑑賞👀。

しばらくは妄想の中で生きる痛い女のククク笑い(^_^)
で、
次第に現実の世界との境が曖昧になっていきました(^_^;)
そして
いよいよのバカミュージカルのシーンでしたが♪、これが
意外に暗い、暗い、暗い、暗~い(^_^;)。
コメディーチックに扱われて忘れていた(^_^;)、
痛い女の闇の世界となりました(^_^;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村