FC2ブログ

今週の映画「侵略者や白人の先住民への差別が生むまさかの結末~ナイチンゲール」

  • 2020/05/31(日) 12:35:44




the-nightingale.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥シネ・リーブル神戸にて上映中。
上映スケジュールは
劇場名をクリックするとご確認いただけます↖。



<🎥ジョルジュの味見舌感>

ココチェック↓
英国人からアイリッシュ、白人から豪州先住民という
2重構造の差別からのまさかの結末(^_^;)



てごめにされた上😠、
家族を殺された女性の復讐劇と思いきや(^_^;)、
英国が植民地にしたにも関わらず😠、
英国人のアイルランド人への差別😠
、更に
英国人、そしてアイランド人を含む
白人のオーストラリア先住民アボリジニへの差別😠
という
2重構造の差別の中、
なかなか進まない復讐劇はまさかの結末に(^_^;)


🎥映画館での鑑賞解禁1作目は
気持ち的には自粛のままm(__)m。


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「黒人差別により司法が歪められた決して遠くない過去の実話~黒い司法」

  • 2020/03/23(月) 17:16:05




just-mercy.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

こんなに黒人の死刑囚がいることを知り、
明日は我が身と感じた黒人弁護士の息子に対し、
母はその真っ直ぐな性格が白人を怒らせると警告する。
しかし弁護士は弱者のために戦えと
教えてくれただろうと伝える。
黒人の死刑囚マクミリアンに対して、
彼は無罪で、必ず濡れ衣を晴らすと伝えるが、
マクミリアンは、お前は何もわかってない、
黒人は生まれながら有罪なんだと言い、
看守を呼び、弁護士の待ってくださいの言葉を無視し、
面談を終わらせてしまう。
無罪の死刑囚のために一緒に
立ち上がりたいと言う女性と活動を共にし、
他の弁護士は電話もくれないと言う、
遠くに住むマクミリアンの家族に戦うことを
伝えてくれた弁護士に心を開いたマクミリアン。
しかし、深入りすると不幸を招くと言う者や
奴らは正当化のために手段を選ばないと言う者もいて、
活動を共にする女性は、この悲惨な状況を知った時、
川で溺れている人々を眺めているだけの様だったと告白、
逆にマクミリアンから辛くないかと聞かれる弁護士だったが、
辛くない、すべての命は平等で、無駄死にさせないと言う。
裁判中にマクミリアンの息子が父さんは無罪だと言うが、
警官に取り押さえられる中、弁護士は諦めるものかと言う。
別の黒人死刑囚に、
俺らの希望はあんただけだと言われた彼は、
誰もがみんな世界を変える力を持っている、
人種は違っても命に色の差はないと言い、
マクミリアンは、この命を誰にも奪わせはしないと伝える。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
黒人差別によって司法が歪められた、
決して遠い過去ではない実話の映画化(・_・;)




1980年代の米国アラバマ州で、
冤罪により死刑囚となった黒人のため、
無罪を勝ち取るべく立ち上がった
弁護士の戦いの実話の映画化🎥


←1月に公開された🎥、
『🎥リチャード・ジュエル』もそうでしたが、
日本よりは人権保護が進んでいる印象の米国で、
ほんの20~40年前にここまでいい加減な
捜査と裁判が行われていたことに驚き(゚Д゚;)

更にこの映画では🎥、
たとえ弁護士に対しても行われる😠、
黒人差別による😠、
もはや民主主義国家の司法とは
言えない違法行為乱発😠


米国での黒人差別は今も続いているような印象(・_・;)。


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「Fukushima 50~福島第一原発事故の収束を命がけで行った東電職員達」

  • 2020/03/12(木) 10:27:44




fukushima50.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

2011年3月11日 午後2時46分 福島第一原発。
東日本大震災による津波によって全電源が喪失してしまう。
原発を襲う史上最大の危機。
首都圏を含む東日本が壊滅する恐れもある。
原子炉の水が干上がり、空焚きにならないためには
原子炉に水を入れて冷やすしかない。
建屋内は真っ暗でろくに状況も分からない。
それでも行けるという者は手を挙げてくれ、
誰か一緒に行ってくれる奴はいないかという問いに
次々に手を挙げる職員。原発内で戦い続けた50人。
これ以上線量が上がったら
建屋に近付けなくなると言う所長に
本店は余計なことを言わずにやれと言い、
所長はだったら一回現場に来いと言い返す。
電源が失われているので
原子炉建屋内に突入して人の手でやるしかない。
しかし被爆線量が高く出来なかったり、
こんなところにいたら無駄死にだと言い出す職員も。
福島はこれからどうなるのかという
記者の質問にも答えられない。
更なる爆発で行方不明40名。
現場の人間は体を張っているのに
本店は何をやっているのかと怒りをあらわにする所長。
そんな中でも自分より若い者を
行かせるわけにはいかないと言うベテラン職員。
交代に来なくていいと言う職員。
国を守るのが我々の仕事だと言う自衛隊員。
職員の家族も守りたい。
最後に何とかしなきゃいけないのは
現場にいる自分たちだと言う職員。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
福島第一原子力発電所事故の収束作業を
命がけで行なった東京電力の職員たちの実話(-_-;)




日本共産党支持という個人的政治的立場から(^_^;)
安倍晋三氏を揶揄したつもりが(^_^;)、
本当に大変な病気、
潰瘍性大腸炎の患者の方々を傷付けた後😠
🎥映画の舞台挨拶から逃亡した😠
佐藤浩市主演😠ということで、
ないな~と思っていましたがm(__)m、
📺メディアでも事実に基づいた話をしている(^_^)、
✑ジャーナリスト兼ノンフィクション作家📖、
門田隆将氏の原作📖
で、
福島第一原子力発電所事故時の
所長・吉田昌郎氏
以下
事故の収束作業を行なった
職員たちの実話ということで鑑賞👀


職員の方に『日本を救う』という意識が
あったとまでは思わないm(__)m
が、
多くの日本人が持つ
仕事への責任感が現れていて(^_^)、
そのためには命をも顧みない姿に涙😢。
自衛隊員の言葉にまた涙😢。

菅直人役の佐野史郎、
緊急時対策室総務班のトップ役の篠井英介、
東京電力フェロー
副社長待遇役の段田安則等、
『悪役』感がいい感じで出ていました(^_^;)。

🎥映画自体の出来への賛否m(__)m、
原子力発電所の是非、
仕事に命を懸けることへの是非を超え、
3.11の昨日(-_-;)、
新型コロナウイルス感染が広がる今日(-_-;)、
彼らのような日本人がいたことを誇りに思えた今日(^_^)。


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「スキャンダル~全米最大TVで起こったセクハラスキャンダルの実話淡々」

  • 2020/03/09(月) 20:43:10




scandal.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

全米最大のTV局FOXニュースの裏で事件は起きていた。
セクシーな服を着ることや脚が見えることが
高視聴率に必要なものなのかと
人気キャスターのメーガンが疑問を持っても
局の社長は、TVは視覚メディア、スカートはもっと短く、
ベテランキャスターのグレッチェンには
更年期の汗だくは醜いと言い、
メインを張りたい新人キャスターのケイラには、
君を引き抜いてメインに置くことはできると言うが、
忠誠心をみせてみろと要求、
彼が全てを支配している2Fで、
彼女にスカートを脚の付け根まで上げさせていた。
巨大権力に呑み込まれた女たちの反撃が始まる。
グレッチェンが社長を提訴。
ケイラは何しちゃっているのと驚き、
社長は叩き潰せと激怒。
メーガンは訴えても誰も信じないと言うが、
ケイラは見て見ぬフリするのかと言い、
グレッチェンは誰かが声を上げなきゃ、
怒らなきゃと訴える。
しかしメディアの帝王に勝てるとでも?
みんな社長派だと言われ…
立場も年代も違う3人のキャスターが
プライドを掛け真実を世に放つ。
世界騒然の実話スキャンダル。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
📺全米最大のTV局で起こったセクハラスキャンダルの
実話は登場人物に馴染みなく淡々と進む(^_^;)



📺全米最大のTV局FOXニュースで
近年起こったセクハラスキャンダルの実話(-_-;)。

人権問題が日本より進んでいるイメージの米国
ですが、
権力と野望で生まれるハラスメントはえげつなー(・_・;)。ただ
登場人物に関してメディア王の
マードック以外馴染みがないのでm(__)m、
実話を淡々と描いている印象m(__)m


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「連続殺人犯の実話は醜くマヌケ牧歌的~屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」

  • 2020/03/05(木) 16:41:24




the-golden-glove.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

1970年代ドイツ。実在した連続殺人鬼フリッツ・ホンカ。
女を引っ掛けるなら一番と言われる店で、
女に飲物をおごるが、不細工な容姿から何人にも断られる。
ようやく家に連れ込むことが出来た女は年増で不細工で、
そんな女に家が臭うと言われる。
実話は切り刻んだ死体が隠されていて…



<🎥ジョルジュの味見舌感>

ココチェック↓
連続殺人犯の醜男の実話は、殺人シーンは残虐だが、
女も含め醜くどこかマヌケで牧歌的(^_^;)




1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼の実話(゚Д゚;)。
殺人鬼がブ男なら連れ込む女も年増でデブで不細工…。
エロエロシーンも含め醜く汚いm(__)m。

冒頭から始まる(゚Д゚;)、
死体を運び出したり切り刻もうとするシーン(゚Д゚;)

残虐そのもの(゚Д゚;)なのですが、
結構失敗も多くそのどれもがどこかマヌケ(^_^;)で、更に
途中更生しようとしたりして(^_^;)、
そこから生まれるどこかほのぼのした空気(^_^;)。

最後もマヌケな感じでジ・エンド(^_^;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村