今週の映画「罪を軽くしたい男と婚約者を失った喪失感を埋める女(-_-;)婚約者の友人」

  • 2017/11/18(土) 19:45:53




frantz_201711181937178cc.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥シネ・リーブル神戸にて上映中。
上映スケジュールは
劇場名をクリックするとご確認いただけます↖。

<📖ストーリー>

戦争で亡くなった婚約者フランツの墓を訪れた
アンナは、彼の墓の前で泣いている男を見かけた。
フランツの友人と名乗るその男アドリアンは、
フランツの両親やアンナを訪ね、思い出を語るが、
やがて嘘を付いていたことを告白し、姿を消す。
アンナは彼を探しフランスを訪れるが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
自らの罪を軽くしたい男と
婚約者を失った喪失感を埋める女は
それぞれどうしたいのか?



戦争で亡くなった男の友人を名乗る男の目的
は、
自らが背負う罪の意識を軽くしたいだけのこと😠。結局
婚約者を失った女性(-_-;)
息子を失った両親(-_-;)
嘘を付くことに耐え切れず真実を話すことになります😠
それも又
自らが背負う罪の意識を軽くしたいだけのこと😠で、
相手へのいたわりのようには思えませんでした😠

一方、
婚約者を失った女性はどんな思いで
「婚約者の友人」に惹かれていたのでしょう?(^_^;)
婚約者を失った喪失感?(^_^;)
期間的なことを考えても理解不能でしたm(__)m。

全体的にはモノクロの世界が時々色づくのも(^_^)、
このストーリーの展開だといいことには思えませんでした。

最後に又罪作りな行動に出る男に対する
女性の行動が唯一の救いか?(^_^;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「元夫から送る暴力小説に囚われる妻の現実~ノクターナル・アニマルズ」

  • 2017/11/16(木) 17:04:54




NOCTURNAL ANIMALS
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥シネ・リーブル神戸
🎥109シネマズHAT神戸にて上映中。
上映スケジュールは
各劇場名をクリックするとご確認いただけます↖。

<📖ストーリー>

20年前に別れた夫から小説が送られてきて、
それは彼女に捧げられていた。
その内容は非常に暴力的な物語だったが、
夫に酷い仕打ちをした過去の記憶が甦り…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
元夫からのヴァイオレンス小説と
それに囚われる元妻の現実が平行しながらリンク(゚Д゚;)



現在の元妻の生活(・_・;)

ヴァイオレンス小説の中のストーリー(゚Д゚;)、更に
呼び起こされる元夫との生活(・_・;)が、
ランダムに映し出されて(・_・;)、
分かっていても現実と小説の境が無くなっていく印象(^_^;)。

🎥スクリーンの中
では
元夫から送られたヴァイオレンス小説に囚われ(゚Д゚;)、
元妻の現実までが揺らぎ始めます(・_・;)。

最後の夫からの「メッセージ」は今更感がありましたが…


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「黒人差別なんてもんじゃない!不気味で驚愕のスリラー!ゲット・アウト」

  • 2017/11/01(水) 20:50:19




get-out_20171101203851903.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥神戸国際松竹にて上映中。
上映スケジュールは
劇場名をクリックするとご確認いただけます↖。

<📖ストーリー>

黒人のクリスは、白人の恋人ローズの実家に招かれる。
向かう途中、車で動物を轢いてしまい、警察には
運転していなかった彼の免許証の提示を求められる。
その後、実家に到着。自分が黒人であることへの
ローズの両親の反応が気になったが、
彼らは温かく迎えてくれた。しかし、
そこで働く黒人の使用人たちはどこかおかしい。
更に翌日開かれた白人だらけの
パーティーの中に唯一いた黒人は、
クリスが彼の写真をスマホで撮影すると
突然興奮。クリスに掴みかかる。
不気味な雰囲気を感じたクリスは、
すぐにローズの実家を離れようとするが、
ローズの家族に捕えられ、
椅子に縛り付けられる。隙を見て反撃するが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココお薦め↓
黒人差別なんてもんじゃない!主人公以外の
黒人の不気味さだけが予言する驚愕のスリラー(゚Д゚;)



📺予告編ではどんな展開になるかも
予想出来ない感じが気になっての鑑賞👀。

不吉なことが重なり(・_・;)
、到着すると
不気味な雰囲気が漂う白人の恋人の実家(^_^;)。特に
笑顔でも目が笑っていない主人公以外の黒人が不気味。
この不気味さに唯一の鍵があるのですが(・_・;)、
黒人差別というレベルを遥かに超えた(゚Д゚;)、
驚愕の真実はまさにホラー(゚Д゚;)


持つべきものは友達ということで(^_^)。


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「彼女がその名を知らない鳥たち~モンスター女と不潔男とゲス男の愛欲」

  • 2017/10/31(火) 19:49:30




les-oiseaux-dequels-elle-ne-connait-pas-ses-noms_20171031193819cd4.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥シネ・リーブル神戸
🎥109シネマズHAT神戸にて上映中。
上映スケジュールは
各劇場名をクリックするとご確認いただけます↖。

<📖ストーリー>

十和子は異常なほど彼女を愛する
不潔な男・佐野を毛嫌いしながら、
彼の稼ぎで遊んでいる上に、
妻のいる男と不倫関係となってしまう。
そんな彼女には忘れられない昔の男・黒崎がいる。
ある日、十和子の元に警察が来て
5年前からの黒崎の失踪を伝える。
十和子の姉はそのことを佐野が
知っていたのではないかと疑い…



<🎥ジョルジュの味見舌感>

ココチェック↓
モンスター女と不潔男とゲス男の、
愛と欲とエロの大~ど~んで~ん返し(゚Д゚;)




映画「東京喰種」では怖い人喰い人種を怪演した(゚Д゚;)
蒼井優。
今作ではモンスター女となり(^_^;)
、更に
エロエロエッサイム(^_^;)。
ビーチクは松坂桃李の手の中(^_^;)
ですが、
あ~あ~言ってる喘ぎ声を含め(^_^;)、
かなり際どいシーンをエロエロ大熱演(^_^;)


何しろ
主要登場人物はクズばっか😠。
松坂桃李と竹野内豊は自分のことしか考えないゲス野郎😠

ですし、
阿部サダヲはとにかく不潔で小さい男(^_^;)。でも
あれが究極の愛とも言えるのでしょうか?(^_^;)

予告編で誰もが予想出来る結末は見事に裏切られます
でも
最後はあれでいいのか?(・_・;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

今週の映画「バリー・シール~軽薄トムと米国政府と共産主義と麻薬カルテルとの戦い」

  • 2017/10/24(火) 21:15:04




american-made_201710242106464de.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥OSシネマズミント神戸
🎥OSシネマズ神戸ハーバーランド
🎥109シネマズHAT神戸にて上映中。
上映スケジュールは
各劇場名をクリックするとご確認いただけます↖。

<📖ストーリー>

パイロットのバリーは繰り返しの毎日に退屈していた。
ある日、CIAの職員に声を掛けられ武器の密輸を頼まれる。
その過程で接触した麻薬王にまで麻薬輸送を頼まれる。
余るほどの大金を手にしたバリーだったが、
麻薬取締局、FBIに目を付けられ逮捕されるも即釈放。
不可能はないように思われたが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココお薦め♡
軽薄トムの背景に米国政府と
共産主義政権とコロンビアの麻薬カルテルとの戦い(゚Д゚;)




トム・クルーズ出演の作品の
全てを観たわけではありませんm(__)m
し、
汚れ役をやっているのも知っていますm(__)mが、
彼が演じる役は清廉潔白なヒーローのイメージ。しかし
今度のトムは軽薄トム(^_^)
これからは是非この路線で(^_^)。

ただ
実在の人物の実話(・・;)ということで、
ただの軽薄男の犯罪歴ではありません(^_^;)。背景には、
パナマの独裁者ノリエガ将軍(゚Д゚;)、
ニカラグアの共産主義政権サンディニスタ(゚Д゚;)、
コロンビアの麻薬王(゚Д゚;)
等と、
米国政府との戦いがあります(゚Д゚;)。

意外と重厚トムだったりします(^_^)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村