FC2ブログ

「勝手に神戸学検定上級問題(^_^)~スポーツ・国際交流・神戸はじめものがたり」

  • 2013/06/06(木) 00:00:00





le-texte-de-lexaman-de-kobe.jpgle-texte-de-lexaman-de-kobe.jpg
神戸学検定オフィシャルサイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
味・料理」の問題についてはこちらをクリックするとご覧いただけます。
芸術・教育・学校」の問題についてはこちらをクリックするとご覧いただけます。

昨年の9月に受けた
神戸学検定中級」
自己採点」をしていたので、わかってはいたのですが、
ギリギリ75点で合格(^_^)」。合格は70点以上
le-texte-de-lexaman-de-kobe2.jpg
これで
上級受験資格を得た(^_^)」わけですが、
上級の過去問題を見ると」
現在取り寄せられているのは「第5回の問題のみ」。
ただし6/4より「第6回」分も販売開始
テキストからの問題配点が88点」
それ以外からの問題配点が32点」ということで、
上級の満点は120点
テキスト以外の見聞を広げることが必須(^_^;)」ではあるのですが、
合格は96点以上
テキストからの問題を確実に正解することが大前提(^_^;)」となりますので、
次回の上級受験に向けて
勝手に作ったm(__)m神戸学検定上級問題(^_^)」でお勉強

上級問題を見た印象」は、意外と
有名な事柄の問題も多い」という感じでしたが、
全て筆記解答(^_^;)」となりますので、
穴埋め問題」でも
漢字等は正確に記載(^_^;)」する必要がありますし、
最後の
150~200字で解答する設問(^_^;)」では、
神戸に関する事柄に対して
つらつらと説明ができる深い知識

が問われます。
中級75点m(__)m」の私には、
合格率9.5%」は相当難関だとは思いますが、
まずはやってみなはれの心意気で(^_^)」。ただし、
3ヶ月さぼってました」ので、もう
「残り4ヶ月未満(^_^;)」は、
要ペースアップ

文中の( )内にあてはまる語句や数字を答えなさい。(解答は「続きを読む」にて

スポーツ
近代スポーツ発祥の地
スポーツ文化の種をまいたのは、( )の呼びかけもあって、結成した( )。
居留地東側のレクリエーション・グラウンド、現在の( )では
多くのスポーツが行われた一方、海のスポーツも行われたが、
新しい泳法といわれた( )も( )を通じて日本に伝わったとされる。
後に( )は( )に移転。
( )では、米国職業野球団( )と( )、( )、同連合軍チームが対戦。
対( )戦では三代目の神戸市長・( )が始球式をした。

アスリートタウン
六甲山系の( )、( )、( )、( )などでは、
毎日登山をしているグループを大勢見かける。
昭和初期から登山、ハイキングが普及した。中には( )のような過酷な山歩きもある。
1873年、( )が外国人として初めて六甲山に足跡をしるした。彼は( )の名付け親。
神戸市は1997年、( )を発表。
( )を震災復興のテーマに掲げ、市民の健康対策と地域コミュニティーを打ち出した。
翌年4月に( )が発足。

思い出深いスポーツの祭典
2006年、神戸市はじめ兵庫県内で行われた( )で、兵庫県は初めて( )、( )を獲得。
( )を掲げ、震災復興支援の感謝を込めた同国体は、( )や( )、( )など
“新しい国体”のスタイルを生み出した。当時新設の( )を主会場とした大会から
半世紀ぶりに( )回目の兵庫開催となった。
“学生五輪”とも呼ばれる( )が1985年に開かれ、新設の( )で行われた。
アジア・オセアニア地域の身体障害者スポーツ大会、( )が1989年神戸で行われた。
ワールドカップが2002年、日韓共同開催となり、神戸でも、( )で( )試合があった。
春のスポーツのビッグイベントとして親しまれているのが、陸上の( )である。
( )を目的に始められ、2012年に第( )大会を迎えた。
2011年には、( )が開催され、( )人が参加。
1981年に始まった( )、( )を継承する大会として開催された。

人気チーム花盛り
プロ野球
( )の前身、( )は1995年、( )監督の下
( )のワッペンをユニホームの袖に着けて戦った。
( )(現 )の活躍などでリーグ優勝を果たした。
当時の本拠地( )は、その後( )によって、( )、( )、( )と名称が変わったが、
プロ野球のホーム球場に( )の冠が付いたのは、神戸が初めて。
( )でなじみ深い( )は、初代ミスター( )の異名をとった( )や、
( )投法の( )ら、名選手を輩出した。
2003年にはリーグを制覇。神戸・元町-三宮の優勝パレードには( )人が詰めかけた。

サッカーJリーグ
( )は( )年、活動を開始した。
翌年には( )監督の指揮の下、FW( )、DF( )らの活躍でJリーグ昇格を果たした。
( )スタジアムがお目見えした2001年に元日本代表( )らが加入。
2004年には営業権が( )へ譲渡され( )をスローガンに再出発した。
だが( )年はJ1最下位に終わり、J2に降格。翌年J1に復帰を決めた。
( )年にはクラブ過去最高( )位でシーズンを終えたが、翌年再びJ2降格。

女子サッカー
( )が知られていたが、2008年に休部となった。同チームは( )が母体。
( )には五人の日本代表を出した。
2001年に( )が創部。2010年に( )優勝。
2011年の( )には( )に( )人選出され、優勝に大きく貢献した。
2011年度のシーズンには( )、2012年の( )でも連覇。

社会人ラグビー
( )と呼ばれた( )の存在が異彩を放っている。
日本一を決める日本選手権では、( )年から( )年までの( )年間、負け知らず。
通算( )回の王座を獲得。( )で( )代王者にも就いた。
( )も神戸市に本拠地を置き、1994年には( )の連勝を( )でストップさせるなど、
関西社会人リーグ( )。
同年の全国社会人大会でも( )へ進出、2000年には同大会で( )と( )対決、
敗れはしたものの、力をつけていたが、( )年に休部した。

国際交流
ミナト神戸と外国人
( )年の開港で( )が設定されたが、彼らの多くはその周辺の( )、
殊に( )界隈に住んだ。
西洋人と東洋人の貿易の仲立ちをした( )人は( )側の( )に住み、
現在の( )町を形成していった。
( )などを営んだ( )人が集中した三宮東南地区、現在の( )地区は( )と呼ばれた。
( )は日本の表玄関となり、( )、( )、( )らも訪日の第一歩を残し、
( )も受け入れた。
また各国の( )が置かれ、ピーク時には ( )カ国に達したこともある。
2012年現在は( )と( )のみ。

住みよさ、暮らしやすさ
医療では、居留地の外国人専用病院として( )が開設された。
その後身である( )は現在でも各大使館の指定病院として、多くの外国人が利用している。
多様な宗教・宗派の施設が集まっているのも神戸ならでは。
1888年には中国式の祭礼を行う( )が大阪から移された。
( )には戦前から( )が建てられ、日本初のイスラム教寺院といわれる。
( )は、日本では神戸と東京のみにあるユダヤ教の教会。またインドの( )もある。
( )山の( )公園の一角に広大な外国人墓地がある。
ここは開港時に( )の( )地区に設けられたものと、
明治中期に増設された( )外国人墓地を統合したもの。
( )区( )町には華僑の共同墓地( )がある。
居留地の英字紙としては、開港直後に( )と( )が相次いで創刊。
その後創刊された( )は、( )が論説記事を執筆したことでも知られる。
英字月刊誌( )は( )年に休刊した。
( )区のコミュニティーラジオ局( )は、( )と呼ばれる外国人向けに、
( )、( )、( )、( )語など( )言語による生活・地域・行政情報等を放送している。

外国人コミュニティーと内外人交流
神戸に来住した外国人は、居留地内に( )を設立。
交流・社交の中心として現在も( )に引き継がれている。
来神中国人は( )を創建。また( )、( )などの本支部が各地に設立。
それぞれのコミュニティーは自国の文化を育み、南京町の( )、
在日韓国・朝鮮人の民族祭典( )も各地で行われている。
在神外国人が出身国の伝統芸能を披露したり、
民芸品を販売したりする( )も毎年七月に開かれている。
神戸市は( )を皮切りに、以下の世界( )都市と姉妹・友好都市提携を結んでいる。
( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )。
ほかに( )、( )と親善協力都市提携を結んでいる。
また神戸の国際交流団体としては、( )、( )をはじめ、多数設立。

アジアの中の神戸
神戸と中国の交流は中世の( )、( )貿易にさかのぼり、
開港後も( )の果たした役割は大きい。彼らは( )らの( )を支持。
( )は( )回も神戸を訪れ、亡くなる前年、( )講堂で有名な( )講演を行った。
( )を普遍的な政治公理として、( )をアジアから世界へ広げていこうと呼び掛けた。
震災後、神戸市は( )に取り組み、中国系企業の誘致や在日中国人の起業を進めた。
2007年には、( )が神戸で開かれた。

21世紀の多文化共生都市へ
ポートアイランドでは( )から十年を超え、
内外の企業や関連機関、大学などの立地が急ピッチで進んでいる。
HAT神戸には( )、( )、( )などの国際的研究機関や交流施設が集積された。
2008年は( )。( )で教育を受けた約( )人が新天地を求めて船出していった。

神戸はじめものがたり
トンネルが川を潜った
わが国初の鉄道トンネルが( )川の下をくぐって誕生した。
鉄道の大事故も神戸で初めて現在の( )駅と( )駅の中間地点で発生した。

神戸ビーフの名、轟く
牛鍋は、神戸でも( )が( )に開業しているが、元祖は東京といわれる。
しかし、牛肉の小売りは神戸が初である。( )が設立され、その中に( )の( )があった。
( )が、( )から牛肉を頼まれたのがきっかけ。( )本店は現在、( )に保存されている。

ラムネの製造
企業として本格的に売り出したのは、神戸にいた英国人( )だと、いわれる。
( )にあった( )は、住所にちなんで( )という名のラムネを売り出した。
( )には、( )の功績をたたえる碑が立っている。

国産SL第一号も
国産SLの試作が( )で始まる。汽車観察方として来日していた英国人技師( )の指導で、
( )、( )らが設計を補佐して製造が始まる。その後国産SL第1号( )型が誕生。
完成後、( )-( )間で走るが、他に比べ、( )を( )以上節約できるほどの性能。
その後( )に移籍。

食堂車、寝台車が登場
民間の鉄道熱は高く、中でも( )は、官営鉄道を完全にリードしていた。
( )-( )、現在の( )を結ぶ鉄道として設立を出願した同社だが、
社長となった( )は、( )に重点を置き、常識を覆す画期的な運営をする。
鉄道敷設免許状が下府された年に( )-( )を開通させ、
翌年には( )-( )を結んで( )まで来ていた官営鉄道と繋いだ。
新機軸が続々登場するのは( )まで開通した年で、( )が連結された。
文人( )の紀行文に「( )、( )、( )など景勝の地を幾皿の肉と一壜の酒に…」とある。
車内には( )も輝いた。さらに( )や( )も設け、翌年には( )も連結させた。
( )も新設し、( )-( )間を( )分で走った。また( )への開通後、( )も販売。
宇都宮駅で販売されたのが第1号だが、現代の( )に似た本格的な豪華なものであった。

映画の上映
( )が発明した( )を神戸に輸入したのは
( )の輸出入業( )で買い取ったのは銃砲火薬商( )。
( )で一般公開されるのだが、これが映画の本邦初公開の日となった。
( )程度の料金だった。
わが国で初めて映画の撮影をしたのは、美術印刷の創始者( )といわれている。
( )の前身・( )が輸入した( )社製の( )撮影機と生フィルムを買い上げ、
( )と、( )様子を自ら撮影した。

本格的な水族館誕生
( )が( )に( )を建設、その後園内に( )を造ったが、池に魚を泳がす程度。
2年後、( )が神戸市で開かれた時、ここに本格的な水族館が建設される。
地元の( )の魚類を中心に約( )種、( )点。5年後に( )に移管再建され、
( )として市民に親しまれた。

ゴルフの始まり
わが国のゴルフは( )で始まった。ゴルフ場を造ったのは英国人( )。
日本で初めてのゴルフ場( )ホールを造り上げる。
2年後、( )ホールに増設すると( )の開場式が行われた。
( )嬢による倶楽部旗の掲揚に続き、( )兵庫県知事の始球式でオープン。
この時のゴルフ場日本人メンバーは( )ら6人。
ゴルフ場を造った( )は、リゾート地としての( )を開いた人としても残されている。
( )に洒落た山荘( )を建てた。

マラソンは湊川が発祥
マラソン競争と銘打たれた競技は、( )、現在の( )を出発点としたのが初である。
初の競技は、マラソンの祖といわれた( )の提唱で行われた。
( )前の( )に「日本マラソン発祥の地神戸」の記念碑が立つ。
( )を創設し、( )、現( )にボートハウスを建設した( )は、
( )-( )の長距離競走を開いた。
折り返し点の( )直前には260段の石段がある難コースで、
これこそが、わが国初のマラソンといえるかもしれない。

屋内体育館も
屋内体育館も神戸に初めて誕生した。
( )が( )丁目の( )の北側に建設した( )が、それである。
( )、現在の( )などを設計した( )が監督した洋館。
( )、( )らの政談演説会が開かれ、( )、( )もここで演説会を持った。
大きな功績は( )、( )などの屋内スポーツを最初に市民に紹介したことで、
わが国の屋内スポーツ誕生の地にも。( )の開通によって取り壊された。
設計した( )は( )として来日。( )後の( )を起こして( )事業を展開する。
後に( )するなど、日本を愛した( )人の一人。

海洋気象台は海運業者が造った
神戸の気象観測は、神戸港の初代港長( )が( )の港務所で取り組んだのが初め。
神戸にも( )が建てられた後、海洋気象台建設の機運が高まり、
時の兵庫県知事( )は、海運関連会社に寄付を募り、
わが国初の海洋気象台が竣工し、( )と呼ばれた。
なお( )設計の建物は、( )を模したといわれる( )風建築。
( )山の頂上に建った建築は、観光名所となった。

デパートへの土足入場
( )が神戸出張店を( )に開設した日が、わが国初の土足入場開始の日になった。
( )は近代的デパートの神戸進出第1号でもあり、
その後、( )、( )、( )の順で、デパートが進出する。

パーマネントは偶然に
アメリカ人( )が、パーマネント機械一式を持って神戸を訪れた時、
日本でパーマネントの技術を最初に習ったのが、( )である。
夫の( )が当時( )にあった( )に理髪店を出していて、
そこに来た( )から機械を購入し、技術の手ほどきを受けた。
その後( )は( )で技術を学んだ。
帰国後、( )に( )を開き、日本でのパーマネント技術者の第1号になるのである。
国産第1号パーマネント機は( )所蔵。

世界に広まったカラオケ
アメリカの週刊誌( )は、( )を( )の一人に選んだ。

その他の「神戸はじめ」
( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )など

多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

解答

スポーツ
近代スポーツ発祥の地
(A・C・シム)(神戸レガッタ・アンド・アスレチッククラブ(KR&AC))(東遊園地)
(クロール)(KR&AC)(KR&AC)(磯上公園)(東遊園地)
(リーチ・オール・アメリカン)(神戸外国人)(神戸倶楽部)
(神戸外国人)(水上浩躬)

アトリートタウン
(再度山)(一王山)(摩耶山)(高取山)(六甲山縦走大会)(W.ガウランド)
(日本アルプス)(神戸アスリートタウン構想)(健康・スポーツ)
(神戸アスリートタウンクラブ)

思い出深いスポーツの祭典
(のじぎく兵庫国体)(天皇杯)(皇后杯)(”ありがとう”心から・ひょうごから)
(夏・秋季大会の一本化開催)(既存施設の活用)(外国籍選手の参加見直し)
(王子陸上競技場)
(三)
(ユニバーシアード神戸大会)(ユニバー記念競技場)(第五回フェスピック)
(神戸ウイングスタジアム(現ノエビアスタジアム神戸)(三)(兵庫リレーカーニバル)
(中・高校生に正しい走り方と、陸上の楽しさを知ってもらうこと)(六十)
(第一回神戸マラソン)(2万3千)(神戸全日本女子20キロロードレース)
(神戸全日本女子ハーフマラソン)

人気チーム花盛り
プロ野球
(オリックス・バファローズ)(オリックス・ブルーウェーブ)(仰木彬)(がんばろうKOBE)
(イチロー)(米大リーグ・マイアミ・マーリンズ)(グリーンスタジアム神戸)
(ネーミングライツ)(Yahoo!BB STADIUM)(スカイマークスタジアム)
(ほっともっとフィールド神戸)(企業名)
(六甲おろし)(阪神タイガース)(タイガース)(藤村富美男)(ザトペック)(村山実)
(25万)

サッカーJリーグ
(ヴィッセル神戸)(1995)(スチュアート・バクスター)(永島昭浩)(和田昌裕)
(神戸ウイング)(三浦知良)(クリムゾンフットボールクラブ)
(世界一のスポーツクラブに)(2005)(2011)(9)

女子サッカー
(TASAKIペルーレFC)(神戸フットボールクラブ・女子部門)(アテネ五輪)
(INAC神戸レオネッサ)(全日本女子サッカー選手権)
(女子ワールドカップ)(日本女子代表「なでしこジャパン」)(七)
(プレナスなでしこリーグ初優勝)(全日本女子サッカー選手権)

社会人ラグビー
(”鉄の軍団”)(神戸製鋼ラグビー部(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)(1988)(1994)
(七)
(九)(社会人トップリーグ)(初)
(ワールドラグビー部(ワールドファイティングブル)(神戸製鋼)(71)(初制覇)
(ベスト4)(神戸製鋼)(決勝)(2009)

国際交流
ミナト神戸と外国人
(1868)(外国人居留地)(雑居地)(山手)(中国)(居留地西)(雑居地)(南京町)
(繊維貿易)(インド)(磯上)(ボンベイタウン)
(神戸港)(アインシュタイン)(孫文)(インドのノーベル賞詩人タゴール)(亡命者)
(領事館)(十七)(パナマ国)(韓国)

住みよさ、暮らしやすさ
(神戸万国病院)(神戸海星病院)(開帝廟)(山手)(神戸ムスリムモスク)(関西ムダヤ教会)
(ジャイナ教寺院)
(再度)(修法ヶ原)(旧生田堤防東)(小野原)(春日野)(長田)(滝谷)(神阪中華義荘)
(ヒョーゴ・アンド・オオサカ・ヘラルド)(ヒョーゴ・ニュース)(コーベ・クロニクル)
(ラフカディオ・ハーン)(関西タイムアウト)(2009)(FMわぃわぃ)(ニューカマー)
(中国)(ベトナム)(タイ)(ポルトガル)(十)

外国人コミュニティーと内外人交流
(インターナショナル・クラブ(しばらくして「KOBE CLUB」)(神戸外国倶楽部)
(中華会館)(在日本大韓民国民団(民団)、(在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)
(春節祭)(マダン)(北野国際まつり)
(シアトル)(八)(シアトル)(マルセイユ)(リオデジャネイロ)(天津=友好都市)
(リガ(ラトビア)(ブリスベーン(豪)(バルセロナ)(仁川)(フィラデルフィア)(大邱)
(神戸日仏協会)(神戸日米協会)

アジアの中の神戸
(日宋)(日明)(神戸華僑)(孫文)(辛亥革命)(孫文)(十八)
(旧県立神戸第一高等女学校(県立神戸高校の前身)(大アジア主義)(自由と平等と連帯)
(王道文化)(上海・長江交易プロジェクト)(世界華商大会)

21世紀の多文化共生都市へ
(医療産業都市構想)(国際協力機構JICA)(WHO神戸センター)(アジア防災センター)
(ブラジル移民百周年)(神戸移民センター。現在の海外移住と文化の交流センター)

神戸はじめものがたり
トンネルが川を潜った
(石屋)(住吉)(摂津本山)

神戸ビーフの名、轟く
(関門月下亭)(宇治川東角)(鳥獣売込商社)(元町七丁目)(大井肉店)
(初代・岸田伊之助)(居留地の外国人)(大井肉店)(愛知県犬山市・明治村)

ラムネの製造
(アレキサンダー・C・シム)(神戸外国人居留地18番地)(シム商会)(18番)(東遊園地)
(シム)

国産SL第一号も
(官設神戸工場)(リチャード・F・トレビシック)(森彦三)(太田吉松)(860)(神戸)
(京都)(石炭)(20%)(樺太鉄道)

食堂車、寝台車が登場
(山陽鉄道)(神戸)(馬関)(下関)(中上川彦次郎)(サービス)(兵庫)(姫路)(兵庫)
(神戸)(神戸)(三田尻)(食堂車)(大町桂月)(須磨)(舞子)(明石)
(電灯)(列車ボーイ)(赤帽)(寝台車)
(特急)(神戸)(馬関)(11時間20)(姫路)(駅弁)(駅弁)

映画の上映
(トーマス・エジソン)(キネトスコープ)(居留地14番)(E・H・リネル商会)
(高橋信治)(神港倶楽部)(十銭)
(光村利藻)(小西六写真)(小西六兵衛商店)(仏ゴーモン)(ルミエール)
(祇園の芸者の踊り)(人力車が水を掛け合って喧嘩をする)

本格的な水族館誕生
(兵庫共済株式会社)(和田岬)(和楽園)(和田岬水族放養場)(全日本水産博覧会)
(瀬戸内海)(100)(5600)(湊川神社境内)(楠公さんの水族館)

ゴルフの始まり
(六甲山)(アーサー・H・グルーム)(4)(9)(神戸ゴルフ倶楽部)(ミルワード)
(服部一三)(松方幸次郎)
(グルーム)(三国池畔)(ヒャクイチ)

マラソンは湊川が発祥
(湊川埋立地)(新開地)(相島勘次郎)(神戸市役所)(フラワーロード)
(神戸レガッタ・アンド・アスレチッククラブKR&AC)(東の船溜まり)
(阪神高速京橋PA辺り)(アレキサンダー・C・シム)(居留地)(摩耶山)(天上寺)

屋内体育館も
(神戸基督教徒青年会・神戸YMCA)(生田区下山手通6)(神戸教会)(神戸青年会館)
(旧ナショナル・シティ銀行)(大丸神戸店の旧居留地38番館)(W・M・ヴォーリズ)
(尾崎行雄)(大隈重信)(孫文)(アインシュタイン)(バスケット)(バレーボール)
(神戸市電)(英語教師)(キリスト教団近江ミッション)(近江兄弟社)(キリスト教)
(帰化)(アメリカ)

海洋気象台は海運業者が造った
(J・マーシャル)(海岸通)(兵庫県立神戸測候所)(清野長太郎)(三大気象台)(渡辺節)
(ハンブルク気象台)(バロック)(宇治野)

デパートへの土足入場
(白木屋)(新開地本通り)(白木屋)(三越)(大丸)(そごう)

パーマネントは偶然に
(エンプレス親子)(紺谷すみ)(安太郎)(海岸通)(オリエンタル・ホテル)(エンプレス)
(紺谷すみ)(パリのエコール・テクニーク)(三宮警察前)(紺谷美容倶楽部)
(神戸市立博物館)

世界に広まったカラオケ
(タイム)(20世紀で最も影響力のあったアジアの20人)(井上大祐)

その他の「神戸はじめ」
(日本酒のビン詰め)(地中配電線)(ソース)(潜水艦建造)(ブラジル移住)(花時計)
(公営水道ダム)(跳開橋)(水上警察)(外国桟橋)(ビジネスガール)(バス路線)
(発動機船)(洋弓)(プロのジャズバンド)

関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する