FC2ブログ

「新開地の路上で描き続けた、知られざる激タッチ厚塗洋画家~タカハシノブオの世界」

  • 2014/03/04(火) 19:39:44





nobuo-takahashi.jpg
朝日新聞で、
新開地のゴッホ」と紹介されていた、
高橋信夫という洋画家」
名前も聞いたことがない画家
でしたが、記事に掲載された絵の写真は、
私の最も好きなジャンル
フォーヴィスム(野獣派)の匂いプンプン」
だったので、
神戸わたくし美術館」に、
生誕100年記念 三浦徹コレクション
神戸に生きた異端の画家
タカハシノブオの世界」
を観に行ってきました



ジョルジュの鑑賞目線>

ココお気に入り
フォーヴィスムから抽象画まで、油彩はむろんクレパスさえ厚塗りで激しいタッチ



場所は、
コープこうべ丸山前の道を西に行って
最初の北側の筋の西側3軒目の三浦様邸」

そうなんです、ここは
収集家様のご自宅
インターホンを押すと、奥様がお出迎え」
玄関開けたら2秒で絵画(^_^)」ってな感じで、
各お部屋に作品がずらり
約70点近くとのこと
nobuo-takahashi1.jpg
中川一政」
林武」
佐伯祐三」等を彷彿させる、
油彩だけでなくクレパスの作品でさえ
厚塗りで激しいタッチのフォーヴィスム、
更に抽象的な作品ばかり

nobuo-takahashi2.jpg
nobuo-takahashi3.jpg
nobuo-takahashi4.jpg
無料にも関わらず
収集家様に丁寧な解説もしていただき
最後には奥様お手製のお茶菓子まで
ご馳走になってしまいました


当然、
私邸」ということで、
家や外からの光での鑑賞
という条件ではありましたが、
絵の保存状態もよく
神戸出身の埋もれた才能、いつ観るか?すぐでしょう!


収集家様がご自宅におられる時でないと
観られないm(__)m」
ので、伺う際は
必ず電話にて予約をお願いします

神戸わたくし美術館
住所:〒653-0874 神戸市長田区西丸山町2-7-5
連絡先:078-621-0366(三浦様)
休館日:月、火(祝日は開館、翌日休館)
入館料:無料
開催期間:~6/30(月)

多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する