FC2ブログ

日本フットサルリーグ~デウソン神戸VSペスカドーラ町田~グリーンアリーナ神戸

  • 2012/02/13(月) 22:54:17





green-arena-kobe1.jpg
日本フットサルリーグのHPはこちらをクリックいただくとご覧いただけます。
デウソン神戸のHPはこちらをクリックいただくとご覧いただけます。
「グリーンアリーナ神戸」がある
神戸総合運動公園のHPはこちらをクリックいただくとご覧いただけます。

先日
名古屋オーシャンズ」
優勝」したことは
一般のメディア」でも報道された
日本フットサルリーグ」、愛称
Fリーグ」。既に
結果」は出てしまっていますが
最終節」ということで
「Fリーグ2011 powered by ウイダーinゼリー第27節」
「地元神戸」のチーム、
デウソン神戸」 ペスカドーラ町田」戦を観に行ってきました



ジョルジュの観戦目線>

ココお気に入り
攻守入替は目まぐるしいけどスピードは普通(^_^;)ボディーコンタクトも控えめ
意外と点入りません(^_^;)セットプレーも決まらず(^_^;)しかし歓喜は突然に
アリーナ同様「ファミリー」な雰囲気はとっても暖か!是非ご家族でもお越しを



野球」
サッカー」
機会」は数々あったはずですが、
初・神戸総合運動公園
「園内」には
le-stade-en-souvenir-de-la-universiade.jpghot-motto-field-kobe1.jpg
「ユニバー記念競技場」             「ほっともっとフィールド神戸」
があり、また
「グリーンアリーナ神戸」までの道には、
桜」も結構な数が植えられています。
des-cerisiers.jpg
春」になればネ

habatan.jpg
「兵庫県」マスコット「はばタン」がお出迎え

更に
「10万本のコスモス」
「5万本の菜の花」が栽培されている
「コスモスの丘」等、季節毎に
「自然」も楽しめるようになっていました。また
「ほっともっとフィールド神戸」及び
「サブ球場」を除く
全て」
「スポーツ施設(「野外ステージ」を含む(笑)」
「一般」の方も
使用料」を払えば、
「使用可能
金額」
「チーム・スポーツ」なら
意外」に
「リーズナブル

基本使用料
・ユニバー記念競技場  28,000円~
・補助競技場         6,800円~
・グリーンアリーナ神戸  12,000円~
・補助体育館         3,300円~
・トレーニングセンター     800円~
・テニスコート         2,800円~
・球技場            3,000円~
・多目的広場         2,200円~
・野外ステージ        2,000円~(1時間)
le-but-du-basket-ball.jpg
「グリーンアリーナ神戸」前にあるこれはタダ


開始時間ギリ」に到着(^_^;)私は
自由席」だったのですが、
ゾーン指定席(セントラルシート)」との区別が
わからない(^_^;)」特に
案内」もなし
黙って」行けそうな雰囲気でした

「入り」の方は
まずまず」といった印象
サポーター席」側の
「アリーナ席(ゾーン指定席)」
「自由席」ともかなり埋まっていました。後程観客数が
「1,622名」との発表がありましたが、キャパが
「4,852席」ということで、
「サポーター席」の逆側と
ゴール」後方がほぼ
という辺りでしょうか
avant-de-commencer-le-match.jpg
試合開始前」
ミニサインボール」の投げ込みがありました。ただし
「アリーナ席」でないと
キャッチ」はちょっと無理(^_^;)

いよいよ
試合開始!」さぞかし
スピーディー」な展開が・・・意外と
「ゆっくり」自陣でパス回し?
「床」の上を
が行き交うので、
「サッカー」より
パススピード」は確かに
早い」感じです。しかし
「ピッチ」
狭い」ので、
サイド」からの
オーバーラップ」とかも
距離がない」し、
守」の入替は激しいですが、
「全体」としては
スピード感」は思っていたものとはちょっと
違った」かな?また
ボディ・コンタクト」
「狭いピッチ」での
累積ファウル」による
フリー・キック」
ペナルティー・キック」を恐れてか、極めて
「控え目(^_^;)」。なので
迫力」
「控え目(^_^;)」
*累積ファウル:前後半それぞれ計6つを越えてからフリーキックのときに壁を作れません。
またフリーキックが行われたのち、
・ゴールキーパーが触れるか、
・クロスバー・ゴールポストに当たるか、
・ボールがピッチ外へ出るまで、
他のプレーヤーはボールに触れることができず、更に
ゴールキーパーはペナルティエリア内でフリーキック地点から5m離れなくてなりません。
自陣の第2ペナルティーマーク(ゴール正面10mのところ。ペナルティーマークは6m)より
前方でのファウルの場合は、相手は第2ペナルティーマークからフリーキックを行うことが
できます。

更に
狭い=大量点」とか思ってましたが、
「ゴール」のサイズは
小さい」し、
狭い=密集」
点」がなかなか
入らない
セットプレイ」も同じような理由で
弾き返され(^_^;)」ある意味しびれる
1点」を争う攻防に(^_^;)ところが
歓喜」の瞬間は
突然」やってきました
近い距離」から
豪快」
突き刺さる」ような
ゴール」
終了1分前」

前触れ」のようなものがある時には意外に
「入りません」でしたが
「突然ガバチョ!(笑)」
得点シーン」は、
一気」
頂点」という感じで、
結果」も含め、結局
満足」したトサル

*「フットサルについて私が知らなかった二、三十の事柄
ピッチの大きさ:縦38-42m×横18-25m
(近い大きさが「ハンドボール」の「コート」。サッカーは縦105m×横68m)
ゴールの大きさ:高さ2m×幅3m×奥行き1m
(これもほぼ「ハンドボール」と同じ。サッカーは高さ2.44m×幅7.32m×奥行き2.4m)
ボールの大きさ:62-64cm(サッカーは68cm以上70cm以下)
人数:競技者は5人以下。そのうち一人はゴールキーパーである。
交代:いつでも(インプレ-中を含む)主審の許可なしで、何度でも交代できる。
試合時間:前後半の20分の計40分で行われる。
(「ハーフタイム最大15分」としても、「トータル1時間以内」ということになりますが、
実際には「タッチ」を頻繁に割ることになるので、「1時間半~2時間」くらいでしょうか?
「電光掲示版」の時計が、プレイが止まる度にストップするので「ロスタイム」はありません)
タイムアウト:前後半1回ずつ1分間のタイムアウトを要求できる。
累積ファウル:前後半それぞれ計5つまで直接フリーキックとなるファウルを記録する。
(ファウルをカウントする電光掲示板があります)
ファウルが5つまでは壁を作ることが出来る。
フリーキックの地点から5m離れなければならない。(サッカーはボールから9.15m)
6つ目を越えてからは前記の通り。
キックイン:ボールがタッチラインを越えたときには、外に出たタッチライン上より
ボールを蹴る。(スローインはできません)
オフサイドのルールはありません。
serer-la-main.jpg
試合終了後「相手」控え・コーチ・監督とも握手!美しい

saluer (2)
これはよく見る光景。この後「応援歌」に合わせて踊るのも「よく見る光景

追記:
基本「撮影」「可
「試合中は云々~」「アナウンス」がありましたが、
よく聞こえませんでした(^_^;)」もっとも
試合中」はゲーム展開から目が離せず
それどころ」ではありません

サポーター」「応援歌」といっしょに
アリーナDJ」の方も「棒読み(^_^;)」で歌ってました

ハーフタイム」には「キッズチアリーディング」「Kawaii
cheerleading.jpg
試合終了後」には、
パワーチャンスフォーキッズ」として、
「デウソン神戸」「ゴール」した数の分だけ、
「グッズコーナー」で応募した「お子さん」に、
抽選」「普通サイズ (笑)」「サインボール」をプレゼントすることになっていて、
この日2得点」「原田浩平」キャプテンから、
2人のお子さん」に渡されました。まずは
4歳の女の子」で、「ちょこちょこ」走りながら
もらいに行ってました(笑)もう1人の
7歳の男の子」は、「アリーナDJ」の方に
握手はいいの?」と突っ込まれてましたが、
そのまま」帰っていきました(笑)続いて
「飴」の投げ込みも(^_^;)他の方のブログによると
勝利の飴ちゃん」というそうな(笑)「節分」みたい(^_^;)更に
「最終節」ということか「シーズン終了のご挨拶」のあと「着ていたTシャツ」も投げ込み
lancer-des-t-shirts.jpg
lancer-des-t-shirts1.jpg
やはり「節分」だ

最後「アリーナ席最前列」では「選手全員」「握手」して「お見送り」まで
serrer-les-main-des-joueurs.jpg
からも
「アリーナ」内の意外なほどの
「空調的」
暖かさ」同様、
家族」的雰囲気のある観戦となりました

リーグ戦」はこの日が「最終節」でしたが
第17回全日本フットサル選手権(PUMA CUP2012)」
3/9から「1次ラウンド」があります!・・・「大阪」ですがm(__)mでも何と
「入場無料
準々決勝」以降も500円~2,000円までとなっています
「第17回全日本フットサル選手権(PUMA CUP2012)」の詳細については
選手権名をクリックいただくとご覧いただけます

多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する