今週の映画「海月姫~キャラ役割が出来たマンガチックな青春ごっこは意外に泣ける」

  • 2015/01/01(木) 16:21:01





la-princess-de-la-meduse_201501011613359a9.jpg

💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

月海はクラゲオタクの腐る女子。
彼女が住む天水館の住人たちも、
それぞれが何かのオタクの腐女子で、
男を必要としない人生を掲げている始末。

そこへひょんなことからおしゃれ女子・蔵子がやってくる。
実は彼女の正体は、女装好きの男の子・蔵之介。
すっかり天水館に居座った蔵之介に、
徐々に腐女子たちは感化され始めた頃、
町の再開発計画に伴って、天水館が取り壊しの危機に。
しかし、そこで蔵之介が天水館購入計画を立ち上げ、
腐女子たちもいやいやながら資金集めに始めた
フリーマーケットで、月海が意外な才能を発揮し…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
一部誰?なキャラの役割分担が出来てる
マンガチックな青春ごっこは意外と泣ける😢



「アフロヘアの池脇千鶴目当ての鑑賞m(__)m」。

彼女を初め、
「一部誰が演者かエンディングロールで知るm(__)m」
くらい、
「演じられている特殊なキャラはマンガチックm(__)m」
という印象ですが、
「各々がなりきっていて(^_^)」
(能年玲奈は地?m(__)m)
「あると思います(^_^)」。

「51歳のおっさん」からすれば、
「あまっちょろい青春ごっこm(__)m」ではありますが、
「安易な恋愛ものになっていない(^_^)」辺りも
「意外と泣ける~😢」


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する