今週の映画「暴力の支配下で全員怪人のまま後篇へ続く~ソロモンの偽証 前篇・事件」

  • 2015/03/12(木) 20:21:51





solomons-derjury1.jpg

💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

かつて通っていた中学校に教師として
赴任することになった中原、旧姓藤野涼子。
語り継がれた”伝説”の中心にいた彼女は、
現在の校長に当時のことを語り始める…

1990年12月25日の朝、
うさぎの世話をするために早めに登校した
涼子と野田は、校庭に積もる雪に埋もれた、
同じクラスの柏木卓也の死体を発見する。
警察の調べで自殺と断定されるも、
学校と父親が刑事である涼子宛てに告発状が届き、
犯人は、同じクラスの大出と
2人の不良仲間であると書かれていた。

マスコミがその事実を嗅ぎ付け、
生徒や父兄からも疑念の声が上がる中、
刑事の説明で一旦事態は収束したのだが、
更に同じクラスの浅井松子が亡くなり、
真実が明らかにされない中で、
涼子たちは生徒たちで裁判を開くことを決断。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
暴力の支配に屈した主要登場人物、
全員怪人(あやしい人)(^_^;)。そのまま後篇へ続く(^_^;)




「最初から後篇ありき(^_^;)」なので、
「スッキリ!!…はしませんm(__)m」が、
「時間軸が前後(^_^;)」するなどする中で、
「暴力の支配下に屈した(-_-;)」、
「主要登場人物全員が一物を持っていて(^_^;)」、

「全員怪人(あやしい人)(^_^;)」。途中
「貞子みたいな市川実和子まで(゚Д゚;)」

「中学生の文化祭のように始まったm(__)m」、
「裁判の行方は後篇でm(__)m」


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する