今週の映画「よくあるカルチャーショックも難民の現実になんも言えねえ~グッド・ライ」

  • 2015/07/26(日) 01:52:56





the-good-lie.jpg


💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

スーダンの内戦で、親兄弟を殺されたマメールたちは、
何千キロを歩いて、ようやくケニアの難民キャンプに到着。
そして、アメリカに移住するチャンスに恵まれる。
しかし、女兄弟だけが別の地域に送られたり、
文化の違いによって仕事上のトラブルが起きたり、
未だに内戦で受けた心の傷に苦しんだりしていた。
彼らの就職の斡旋の仕事をすることになったキャロルは、
彼らの置かれていた状況を知るに付け、
仕事だけの関係を超えて、彼らのために奔走するが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
よくある米でのカルチャーショックも
紛争難民の現実に"平和"な日本人はなんも言えねえ(-_-;)



「冒頭しばらくはスーダンの内戦の様子が続きます(-_-;)」。
「あまりに残酷で過酷な状況(゚Д゚;)」
に、
「”平和”な日本人の私はなんも言えねえ(-_-;)」

その後、
「スーダン難民は米へと渡って✈」、
「カルチャーショック(^_^;)」
や、
「癒えぬ内戦の傷(-_-;)」に苦しみます。
「一部には、なんだかな~な問題もありましたm(__)m」が、
「やはりあの残酷で過酷な状況を経験した彼ら(-_-;)」に、
「”平和”な日本人の私はなんも言えねえ(-_-;)」。

「一貫して見せる兄弟愛の最後の結末(-_-;)」
には、
「国際社会が難民問題を解決する
難しさを浮き彫りにしているようでした(-_-;)」


ところで、
「13年も同じ”JUST DO IT.“のTシャツ着てて
サイズ、ダイジョウブイ?(^_^;)」


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する