今週の映画「ドイツ人がナチス時代に向き合うことになる実話~顔のないヒトラーたち」

  • 2015/11/25(水) 02:44:10





labyrinth-of-lies_20151125023454432.jpg


💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

若き検察官ヨハンが担当することになったのは、
彼が少年だったナチスドイツ時代の戦争犯罪者の摘発。
捜査を進めていくうち、”普通の人々”が関与していたこと、
更にその数は8000人にもなることが明らかとなってきた。
ヨハンは本気で全員逮捕する気で奔走するが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
ほぼ全てのドイツ人がナチス時代に
向き合うこととなるアウシュヴィッツ裁判の映画化🎥



「ナチスの8000人も及ぶ戦争犯罪者を摘発しようとした」、
「アウシュヴィッツ裁判を描いた作品」。
「有名なアイヒマンの名前も(゚Д゚;)」。

「捜査を進めていくたび」、
「いかに多くのドイツ人がナチス党員だったか(・_・;)」、
「いかに多くのドイツ人がほじくり返されたくないと
思っていたかが明らかに(゚Д゚;)」。

「忌まわしい過去を忘れるのではなく(-_-;)」、
「ドイツがその汚点に向き合うこととなった裁判」。

「歯の治療中の患者さんのその後がき~に~な~る~」


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する