FC2ブログ

「神戸市立森林植物園~森の中のあじさい散策」今週のイベント

  • 2011/06/25(土) 13:54:28





<個人的訪問記録>

「お気に入りポイント」
1.庭園風ではなく、「自然」の中の花を楽しめる!
2.広大な敷地で「自然」を思いっきり満喫!

植物園と言えば、
ビニール・ハウスの中でまとめて、
季節に関係なく鑑賞する、
と印象でしたが、
こちらの植物園は、

「六甲の山並みと自然を背景に」
というコンセプトで植栽されたものなので、
山の中の植物園です。
当然ビニール・ハウスなんてありません(調べて行け!ちゅうの!)。

というかそもそも
学校行事以外で行ったことないかも・・・
以前は桜や紅葉の季節、
更にそれらの時期に関係なく、
ハイキングはよく行きましたが、
「花を愛でる」などという
粋な心持ちはなく、
そういった季節でさえ、
道すがらの自然に脇目も振らず、
「いかに早く登るか」が目的となり、
ぜいぜいいいながら登っていました。
(健脚な年配の方をライバル視!
でもペース配分無視で完敗・・・
でも自然に触れるのは好きですし、
久々にというのもあって

「はじめてのしょくぶチュえん」・・・
そういえば幼稚園児も遠足できたぞ~(byのはらしんのすけ)

今回は当然季節としては「あじさい」とうことで、

駐車場からすぐの「西洋あじさい園」から鑑賞。
こちらは完全に
「まとめて」植栽されているところで、
気候の関係から少し開花が遅れていることから、
やや開花状態もまばらでしたので、
もう少し待った方がいいかもしれません
(ここ数日の暑さで一気に開花もあるかも・・・)。
アナベル
アナベル

クロヒメ(ヤマアジサイ)
クロヒメ(ヤマアジサイ)

ヒメアジサイ
ヒメアジサイ
ただ何せ山の中の植物園ということで、
総面積が142.6ヘクタールということで
(甲子園の35倍・・・ってこういう時甲子園を例えにするけど、わかりやすい?)、
おまけに山ほど
(おやじギャグではありません・・・とわざわざことわるのがおやじギャッグ?)
分かれ道もありますので、
そういった山道の中に、
ぽつぽつとあるあじさいが、
いかにも「自然」の中、という感じで、

「見っけ!」感もあり、
私は結構そこが気に入りました。

脇道に咲く小さい花にも癒される~
小さい花
あとその季節の花を楽しめるとともに、
その広大な面積ゆえに楽しめる部分が。
まずは最初の「西洋あじさい園」のエリアには、
多くの広場があり、

特に「ぼうけんの丘」の広さは、
散策コースから入ると、
パノラマ写真でないと納まらないくらいの開け方!
(なので写真ないです・・・
木々の向こうには
山々が見え、空も開けていて、

「解放!」って感じです
(もとい開放!政治的意味はなし・・・)。

更に「スポーツ広場」もあります

(ボールが飛んでいったら・・・ファ~・・・じゃなくてヤッホー!

また枝分かれする道は結構普通の山道!
木陰が涼しいのはいいですが、
まあまあなハイキングです。
(久々なので疲れて途中でこれ書いています・・・

特に「下り」なんて足が♫プルップル♫してました)
目的に合わせたルートを書いたガイドマップによれば、
総ルートを制覇すると4時間くらいはかかりそうで、
更にそれ以外にも
「けもの道」レベルの加えると・・・
一日では終わりません
(実際にハイキング・コースに組み込まれているところもあります)。

もちろん「用途」に合わせて、
季節の花だけ楽しむもよし、
広場でスポーツするもよし、
ハイキング気分でもよし、
全部まとめてやってしまうのもよし。
多目的で自然も満喫できる、
意外と(失礼)・・・
「あると思います!」
(既にピークが・・・締めもおやじでメンゴ・・・よしなさい!・・・byビートきよし)
お住まいの場所にもよりますが、
三宮から電車で1時間弱
車で20分強ですので
安近短のわりには拾い物だと思いますよ。

なお「森の中のあじさい散策」7/10までです。

<入園料>大人(高校生以上)300円小人(小中学生)
*兵庫県内在住で65歳以上の方は、自治体発行の氏名・住所・年齢記載の公的証明書提示で無料
<駐車場料金>乗用車500円
< 開園時間>9時~17時(入園は16時30分まで)
<休園日>毎週水曜日(祝日の場合、翌日)*年末年始は12/29~1/3
*ツツジ・シャクナゲ、アジサイ、もみじ散策のイベント期間中は無休

公式HP

ただし山の中なので虫除けは必須。
日のあたるところも結構あるので、
日除けもあった方がいいでしょう。
更に多目的で満喫するなら、
特にこれからの季節はタオルが必須ですし、
女性の方はハイヒールは避けた方がいいと思います。
あとたまに蛇に出くわす可能性もあるので一応注意
(「まむし注意」の看板有)。
私も青大将レベルとは思いますが、出くわしました。

びびって♫プルップル♫したので撮影できず・・・弱っ!)。
あと駐車場がやや小さいので(700台)、土日祝はご用心!

西太后の「水瓶」?その呪い?のせいか、写真が血の赤で染まる・・・
水瓶




関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する