今週の映画「恐怖を払拭するため思想を恫喝や弾圧をする側が国を脅かす!トランボ」

  • 2016/08/02(火) 00:13:21




trumbo_20160801234711bff.jpg


💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

トランボはハリウッドでその才能を認められた脚本家。
冷戦時代に入り共産党員という理由で公聴会に召喚され、
ハリウッドから締め出され、議会侮辱罪で拘留されてしまう。
共産党員だった映画関係者は次々脅しに屈して寝返る中、
トランボは名前を隠して脚本を書き続けるのだが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
見えない恐怖を払拭するため思想を
恫喝や弾圧をする側こそ国を脅かしている!😠




いわゆる
赤狩りがハリウッドに吹き荒れた時代のお話(゚Д゚;)

確かに
共産主義には危険な匂いはするm(__)mし、
外国の武力以外での浸食は現在でもありますが(゚Д゚;)、
見えない恐怖を払拭するための恫喝や弾圧(゚Д゚;)には
根拠があるようには見えず😠、完全に
非米活動委員会こそが国を脅かしているのでは?😠

家族に対しては高圧的な主人公😠
ですが、
才能によって弾圧を打破出来ました(^_^)が、
米国は同じ過ちをその後も犯すことに😠。


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する