今週の映画「老いを感じ自死する家族の決断を受け入れるべき?92歳のパリジェンヌ」

  • 2016/11/16(水) 08:43:00




the-final-lesson_20161116013632a0c.jpg


💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

92歳の誕生日を迎えたマドレーヌが
家族との誕生日会で突然2ヶ月後に旅立つと宣言。
老いによって様々なことが出来なく
なってきたことによる決断のよう。
娘も息子も孫も彼女に止めるようとするが、
今までの人生でも一度決めると
家族の迷惑を顧みず社会的な活動をしてきた
頑固な彼女を説得出来るとも思えず、
家族は途方に暮れる。そんな中、
着々の身辺整理をしていく母の知らない面を知り…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
老いを感じ自ら死を選択する家族の決断を
他の家族は受け入れるべきか否か(-_-;)




日本のモラルでは理解し難いm(__)m、
安楽死(-_-;)。たまたまかも知れませんが、
最近観たヨーロッパ映画のいくつかで
テーマになっていました(-_-;)。そのほとんどは、
不治の病が理由(-_-;)でしたが、ここでは
老いで出来ないことが増えていって(-_-;)、
自分らしく生きられなくなるという理由(-_-;)
で、
わからなくもないですが(-_-;)、
残される家族が受け入れられないのも無理はないかも。

本人の意志を尊重したいという思い
と、
それでも納得出来ない別れ(-_-;)。

どちらを選んでも納得出来る決断はないと思うのですが


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する