今週の映画「海賊とよばれた男~美化されていてもきれいごとでは保てない独立国へ」

  • 2016/12/10(土) 19:25:20




lhomme-qui-appele-un-pirate1_20161210190712a3b.jpg


💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

全てを失った戦後の敗戦国・日本で
世界中を敵に回した男がいた。
海賊とよばれていたその男は、
石油メジャーに戦いを挑み、
銀行から取引を中止されても、
決してメジャーに会社の舵を渡そうとはせず、
ついにはイランとの取引を開始しようとするが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
美化されているとしても、きれいごとでは保てない
独立した国を視野に入れた企業家のお話(^_^)




🎥ALWAYS 三丁目の夕日、
🎥永遠の0等で、
昭和の世界を再現してきた監督、山﨑貴の作品にして、
お騒がせ作家m(__)m、
📖百田直樹原作の映画化🎥。

🎥映像
的には、
「🎥永遠の0」では模型感ムンムンだった戦闘機m(__)m
🎥今作は普通に観れました(^_^)。
⚓復員兵を乗せた船の年季の入り方は昭和感満載
。あと
20~90代まで演じる岡田淮一のメイクがすごっ!(・_・;)

出光興産の創業者、
出光佐三をモデルにした男の物語
は、
多少美化されていたりm(__)m、逆に
今では考えられない労働基準法違反(^_^;)等ありますが、
元々原油供給を断たれたことで日本が始めた戦争を経て、
先を見通し(^_^)、
全く新しい発想(^_^)
で、
きれいごとでは保つことが出来ない(^_^;)、
独立した国を視野に入れた企業家(^_^)
のお話。

トランプ氏が次期大統領に選ばれ(^_^;)、
英国国民がEU離脱を選択(^_^;)し、
韓国社会が崩壊(^_^;)している今、
日本が外国に左右されず(^_^;)、
本当の意味で独立国として立つことを
先人が示していてくれたのかも(^_^)。


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する