今週の映画「メアリと魔女の花~有名人が声優、作画、話等ジブリDNAの利点と弊害」

  • 2017/07/10(月) 16:59:59




mary-and-witchs-flower1.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

禁断の魔女の花を見つけたメアリは1日限りの魔女になる。
魔女の大学へ行き、100年に1人の天才と言われた彼女。
しかしその大学はメアリが知る花の在処を突き止め
危険なことを企んでいて…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
有名俳優が声優であることや作画やストーリー等、
ジブリのDNAを感じる利点と弊害(^_^;)



まず気になるのが、有名俳優が声優を演じている点…

メアリの杉咲花、
メアリの大叔母の大竹しのぶ、
ピーターの神木隆之介、
魔法大学の校長の天海祐希、
赤毛の魔女の満島ひかり等は、
時々本人の顔が浮かぶケースもあったものの(^_^;)、
まだキャラクターに馴染んでいました(^_^)
が、
お手伝いさんの渡辺えり、
庭師の遠藤憲一、
ほうき小屋の番人の佐藤二郎、
科学者の小日向文世は
本人まんま(^_^;)
宣伝時の舞台挨拶の華やかを重視したと思われる(-_-;)、
アニメの声優に有名俳優を起用することには
再考を願いたいですm(__)m。

また
🎬監督、作画監督、色彩設計等がジブリ出身(^_^)
ということで、
人物のキャラクターの顔にもジブリのDNAが感じられます
ただ
カオナシに似たキャラクター(^_^;)、
だいだらぼっちに似た透明なキャラクター(^_^;)等、更に
天空の城ラピュタを思い出させる(^_^;)、
天空の魔法大学、エンドア大学(^_^;)や、
パズーとシータが手を合わせて
”バルス”と叫ぶシーンに似ているシーン等、
どうしても過去のジブリ作品と結び付けてしまう点も…

📖原作は1971年の児童文学
ということで、
どこまで原作に近いのか?、
そもそもジブリが参考にしていたのかはわかりませんが、
ジブリのDNAが安心に繋がると共に(^_^)、
似た世界感を見てしまう点もm(__)m。

🗻背景については
ジブリのクオリティーまでは感じませんでしたm(__)m
が、
最後の方の草むらはまるで写真のよう📷


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する