FC2ブログ

「勝手に神戸学検定上級問題(^_^)~合格目指して公開受験勉強(^_^)~味・料理」

  • 2012/12/29(土) 14:45:40





le-texte-de-lexaman-de-kobe.jpgle-texte-de-lexaman-de-kobe.jpg
神戸学検定オフィシャルサイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

今年の9月に受けた
神戸学検定中級」
自己採点」をしていたので、わかってはいたのですが、
ギリギリ75点で合格(^_^)」。合格は70点以上
le-texte-de-lexaman-de-kobe2.jpg

中級合格戦利品
le-texte-de-lexaman-de-kobe1.jpg
コーベアー(神戸のゆるキャラ)がデザインされたハンカチ

le-texte-de-lexaman-de-kobe3.jpg
le-texte-de-lexaman-de-kobe4.jpg
神戸の施設利用クーポン券
初級合格時に比べて、
王子動物園入園料無料券」
森林植物園入園料無料券」
須磨離宮公園入園料無料券」
六甲山牧場入場料無料券」
が増えた(^_^)のと、
ポートタワー入場料割引券→入場料無料券」にヴァージョンアップ
前回のクーポン券は2枚しか使わなかった」ですが、さて今回は?

これで
上級受験資格を得た(^_^)」わけですが、
上級の過去問題を見ると」
現在取り寄せられるのは第5回の問題のみ
テキストからの問題配点が88点」
それ以外からの問題配点が32点」ということで、
上級の満点は120点
テキスト以外の見聞を広げることが必須(^_^;)」ではあるのですが、
合格は96点以上
テキストからの問題を確実に正解することが大前提(^_^;)」となりますので、
次回の上級受験に向けて
勝手に作ったm(__)m神戸学検定上級問題(^_^)」でお勉強

上級問題を見た印象」は、意外と
有名な事柄の問題も多い」という感じでしたが、
全て筆記解答(^_^;)」となりますので、
穴埋め問題」でも
漢字等は正確に記載(^_^;)」する必要がありますし、
最後の
150~200字で解答する設問(^_^;)」では、
神戸に関する事柄に対して
つらつらと説明ができる深い知識

が問われます。
中級75点m(__)m」の私には、
合格率9.5%」は相当難関だとは思いますが、
まずはやってみなはれの心意気で(^_^)」

文中の( )内にあてはまる語句や数字を答えなさい。(解答は「続きを読む」にて

摂州神戸海岸繁栄之図
( )画。( )蔵。( )を描く。

エキゾチックな神戸グルメ
神戸には( )ヵ国、約( )人の外国人が住んでいる。

洋食文化
英国人作家( )の本にも記載されている、西洋料理の普及に大いに貢献した( )ホテル。
( )にあったころは左隣が( )、現・( )だった。
( )ホテル、トアロードの由来にもなった( )ホテルが続いた。オランダ人( )が開業し、
フランス人( )、在神外国人の( )らが受け継いだ。
神戸( )領事館から発行された( )は、領事代理夫人( )と
後に副領事代理となった( )の共著は、パーティー料理の( )ものレシピを載せていた。
日本郵船の豪華客船に乗っていたフランス料理のコックらが開いたレストランの代表が、
現在も店を構える( )。メニューには、船上で調理しやすい( )料理が目立つ。

華僑から広まった中華料理
神戸初の本格的な中華料理店は( )といわれるが、現存していない。
大正に入り、新開地に大衆向けの中華料理店( )が開店。
神戸に多い中華料理店は( )料理で、( )料理が続くといわれる。
開港当初、多くの欧米人が居留地に住んだのに対し、
当時の中国人は非条約国として居留地での居住が許されず、
( )に定住して中華街を形成。
日本で初めて豚まんを売り出したのは( )。

スイーツ激戦区
神戸の地場産業として洋菓子振興にも力を入れている神戸では、毎年( )が開かれる。
神戸初の洋菓子店は( )で、( )向けだったといわれる。
庶民の手にも届く洋菓子店は、( )により創業された( )。
自慢の神戸銘菓( )が看板商品。
神戸独特のお菓子として( )が生み出された。
見た目は和菓子風だが、口に入れると洋菓子のような味がする。
( )、( )とも呼ばれて愛したといわれる。
ロシア革命の亡命者で、( )製菓の創始者( )や、( )王朝の菓子職人だった( )等、
戦争や動乱、天災で神戸にたどり着いた外国人職人が洋菓子文化の担い手となった。
日本のバレンタインデーは、( )が「バレンタインチョコレート」の広告を出したのが
始まりといわれている。
神戸に初めて欧風の喫茶店を開いた( )は、ドイツ人捕虜として連れてこられた。
彼が初めて焼いた生粋のドイツ菓子が、( )。
またNHKのドラマのモデルになった( )は、収容所仲間。
( )ベーカリーを開いた( )も同じく捕虜だった。

焼きたてのこだわり
神戸のパン文化は、印刷業を営んでいた( )が、
外国人技術者を目当てに( )現( )を創業したことに始まる。
現行の社名は( )のチャレンジ精神にちなんだという。
パン食の普及に伴い、( )、( )など現在の老舗が次々と誕生した。

一杯のコーヒーから
コーヒーを日本で最初に飲ませたといわれるのが( )。
広告文冒頭の「焦製」は、狂歌師( )が記したことと関係あるとされる。
以来、神戸は現在に至るまで一大コーヒー消費地で、
世界で初めて本格的な缶コーヒーを開発した( )や、
インスタントコーヒーの最大手( )などのコーヒーメーカーがひしめく。
ポートアイランドにはコーヒーの歴史や文化を伝える( )もある。
庶民の生活に溶け込んだ神戸名物コーヒー( )は、大衆喫茶チェーン( )で生まれた。
( )のような大衆喫茶店を神戸っ子は( )と呼んだ。
紅茶も神戸は最多消費都市の一つで、かつて( )本社があった。

神戸ワイン
神戸ワインの醸造工場でもある、西区( )の( )は、
神戸市の外郭団体( )が手掛けている。
周囲にはブドウ畑が広がり、高さを抑えた( )方式による栽培方式で、
他に( )町や、( )区( )町にもブドウ畑はある。

灘の生一本
灘の酒生一本は、別名( )という。
出来上がり間もないころの、辛口で荒々しい舌触りからこう呼ばれる。
ただ、この味は春夏を越え、秋頃には丸くなり( )( )と言われる。
灘を酒どころたらしめたのが、( )水、( )、( )。
( )水とは、( )市の( )付近でわく、( )を含んだ( )水のことで、
( )が少なく、( )、( )、( )が多い。
酒造りに使うと、成分が( )にうまく作用するとされている。
原料の米である( )の産地は( )の北側で、酒に独特の( )を生む。
機械醸造が登場するまでは冬至のころから始まり、
最も冷え込む季節を選んで仕込む( )という手法が用いられた。
冬場、( )から吹き下ろす寒風は蒸した酒米を冷やすのに欠かせなかった。
この風を( )と呼ぶ。

神戸ビーフ
神戸ビーフの素牛である( )牛。
約七百年前に書かれた( )という古文書も登場し、( )などの飼料で育てられる。
最高級牛肉の特質は( )といわれるきめ細かな肉質にある。
鮮やかな赤身に入り込んだ( )と呼ばれる白い脂は、( )が低い。
それが独特の( )な食感を醸し出す。
もともとは( )用だった( )牛が肉専用に育てられるようになったのは、
( )の普及が背景にあった。
その後牛肉の消費量が急増するのに伴って、神戸ビーフの定義が定められ、
「( )牛を素牛とし、( )で肥育され、( )に出荷されたもののうち、
格付けが( )以上のものとする」とした。
更にその後( )度合を示す12段階の( )のうちの( )以上のものと決められている。

牛乳・乳製品
新鮮な生乳を地元で消費する( )の取り組みが盛んで、
北区の牛乳は( )として販売されている。
さまざまな乳製品も生産され、北区山田町の( )では、
西日本の個人酪農家として初めて( )の販売を開始した。
現在ではそれを使った( )のほか、
作る過程で生じる乳清を原料にした( )も販売している。
( )牧場でも、牧場産の生乳を使った乳製品を生産している。

こうべ旬菜
( )や( )・( )に配慮した野菜づくりの拡大をめざした制度で、
市が奨励金を払って支援してきた。対象は( )のほか( )( )( )( )の5つ。
これまでに、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、
( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )、( )の18品目が認定されている。
こうべ旬菜はシンボルマーク( )が目印になっている。

須磨海苔
須磨海苔は、
須磨区から垂水区にかけての海岸沿いと神戸港沖合の大阪湾で栽培される。
( )色と( )の美しさ、( )と( )の強さが特徴で、( )などに利用される。
( )地区の漁業青年有志が、試験養殖したのが始まりである。
浮きを付けた網を錨で海底に固定する( )式を採用して生産のめどが立ち、
その後、( )、( )、( )、( )にも広がった。
刈り取りは( )船と呼ばれる一人乗りの船で行われる。年間約( )枚生産される。
神戸産の海苔は、一部が東京の市場に「須磨海苔」として出荷されているほかは、
多くは( )として流通する。JR垂水駅前の垂水漁港にある( )の直売所で、
最高品質の「須磨海苔」が販売されている。

イカナゴのくぎ煮
イカナゴは、夏季は明石海峡に近い( )などの浅瀬の砂地に潜り込んで「夏眠」し、
年末に起き出し、1月にかけて産卵。イカナゴの稚魚を( )と呼び、くぎ煮に用いられる。
阪神・淡路大震災被災時にお世話になった人に感謝を込めて贈ることが習慣化し、
発送を請け負う郵便局の( )や宅配便がサービスを競い合う。

そばめし
焼きそばに、ごはん、すじ肉をソースにからめたて焼くそばめしの元祖を自任するのは、
お好み焼き店( )。

ぼっかけ
甘辛く煮込んだ( )と( )を載せたうどん。
まちづくり会社( )がカレーとコロッケを商品化してヒット。

地ソース
神戸は日本のソース発祥の地で、英国生まれの( )が神戸に入り、( )が製造、
その後社名は( )となったが、商品名は当時のままの( )。
同じく兵庫区にあった( )の発明したのが、( )を加え、とろみをつけた( )で、
最近のヒット商品( )も、同社によるもの。

神戸ウォーター
神戸ウォーターの水源地は( )だった。
現在でも( )に送られているが、他の水系の水と混ぜて配水される。

多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

解答

摂州神戸海岸繁栄之図
(二代長谷川貞信)(神戸市立博物館)(居留地海岸通)
エキゾチックな神戸グルメ
(128)(44,000)
洋食文化
(キプリング)(オリエンタル)
(海岸通)(大阪商船ビル)(商船三井ビル)
(インペリアル)(トア)(ブリス)(ルイ・ビゴー(ベグー))
(グルーム)(英国)(高等料理法)(チャーメルス)(クロウ)(126)(伊藤グリル)
(煮込み)
華僑から広まった中華料理
(杏香楼)(紅葉亭)(広東)(北京)(雑居地)(老祥記)
スイーツ激戦区
(洋菓子フェスタin Kobe)(二宮盛神堂)(居留地の外国人)(吉川市三)(神戸凮月堂)
(ゴーフル)(瓦せんべい)(ハイカラせんべい)(ぜいたくせんべい)(コスモポリタン)
(モロゾフ)(ロマノフ)(ゴンチャロフ)(神戸モロゾフ製菓(現モロゾフ))
(ユーハイム)(バームクーヘン)(フロインドリーブ)(セントラル)(ウォルシュケ)
焼きたてのこだわり
(藤井元治郎)(藤井パン)(ドンク)(ドン・キホーテ)(ベル)(マル井)
一杯のコーヒーから
(放香堂)
(大田南畝)
(UCC上島珈琲)
(ネスレ日本)
(UCCコーヒー博物館)
(ミーコ)(ホワイト)
(ミルクホール)
(リプトン)
神戸ワイン
(押部谷)(神戸ワイナリー(農業公園))(神戸みのりの公社)(垣根)(平野)(北)
(大沢)
灘の生一本
(男酒)
(秋晴れ)(秋上がり)
(宮)(山田錦)(六甲おろし)
(宮)(西宮)(海岸)(塩分)(硬)
(鉄分)(リン)(カルシウム)(カリウム)
(発酵)
(山田錦)(六甲山)(コク)
(六甲山系)
(寒造り)
(六甲おろし)
神戸ビーフ
(但馬牛)(国牛十図)(稲わら)(霜降り)(サシ)(融点)(まろやか)(農耕)(但馬)(耕運機)
(但馬)(県内)(県内の食肉センター)(上)(霜降り)(BMSナンバー)(6)
牛乳・乳製品
(地産地消)(六甲山麓牛乳)(弓削牧場)(自家製チーズ)(シフォンケーキ)
(ホエーソープ)(市立六甲山)
こうべ旬菜
(環境の保全)(安全)(安心)
(有機農産物)(有機栽培転換期間中)(無農薬栽培)(減農薬栽培)(減化学肥料)
(キャベツ)(ダイコン)(キクナ)(ホウレンソウ)(トマト)(ナス)(キュウリ)(レタス)(青ネギ)
(ニラ)
(シロナ)(コマツナ)(ブロッコリー)(チンゲンサイ)(ミニトマト)(スイートコーン)(モロヘイヤ)
(ミズナ)
(菜々ちゃん)
須磨海苔
(濃い)(光沢)(味)(香り)(すし)
(須磨浦)
(浮き流し)
(東須磨)(塩屋)(垂水)(舞子)
(もぐり)(一億)
(兵庫海苔)(神戸市漁業協同組合)
イカナゴのくぎ煮
(鹿ノ瀬)(シンコ)
(いかなごパック)
そばめし
(青森)
ぼっかけ
(すじ肉)(こんにゃく)(神戸ながたTMO)
地ソース
(ウースターソース)(安井舎密工業所)(阪神ソース)(日ノ出ソース)
(オリバーソース)(コーンスターチ)(とんかつソース)(どろソース)
神戸ウォーター
(布引貯水池)(奥平野浄水場)

関連記事

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する